金沢で着物レンタルなら金澤着楽々

コラム

着物を楽しむポイント! 着物で季節感を楽しもう!~浴衣編~

着物を着ることで四季折々の風情を感じとることが出来ます。着物は素材、色柄でその季節を取り入れおしゃれに着こなすことにより着物を思う存分楽しめます。今回は着物初心者さんにもおなじみの夏祭りや花火大会を彩る夏の風物詩浴衣についてご紹介いたします。


浴衣の季節はいつ頃?

一般的に浴衣は軽くて風通しの良い綿や麻の素材で作られています。暑くて汗をかく季節にふさわしいとされています。具体的には7月、8月が適しています。何月何日というように、明確な決まりはありません。近年は、温暖化により暑くなる時期が早まったり遅まったりしておりますので、浴衣の素材や着方も多様化しています。また浴衣を夏着物として応用することも可能で、半衿を合わせて粋に着こなせばちょっとしたお出かけ着としてオススメです!
紫陽花と浴衣

浴衣の選び方①自分の似合うカラーを見つけよう!                                                       

浴衣を選ぶには、まず自分がどんな色の浴衣が似合うかをチェックしてみましょう。

人それぞれのパーソナルカラーというものがあり似合いやすい色、似あいにくい色があります。このパーソナルカラー自己判断(本やウェブサイト)を利用し、自分が似合うカラーをワクアクしながらみつけるのも良いでしょう。パーソナルカラーを元に色を決めればバランス良く決まります。

浴衣後ろ姿

浴衣の選び方②柄について

色柄は体系に合わせて選んでいくとよいでしょう。

その昔より、着物は日本人女性に合わせ作られておりますのでどちらかというとぽっちやり体系さんが似合います。細身の方も、着付け時に補正をきちんと行い全体的に明るく小さな柄、淡い色を取り入れることで柔らかな印象で華奢な感じもかくれ綺麗に着こなせます。

また、背高の方は大きめの柄を着ることにより全身のバランスがとれてよく似合います。

XCPX9733

浴衣の選び方③素材

浴衣は生地により着心地や扱い方が違ってきます。かつては綿や麻の素材を中心に作られてきましたが、近年は、ポリエステルなどの化学素材を使用した浴衣も増えてきました。

選ぶポイントとしては、通気性・肌触り・家での洗濯が可能か?というところになります。

綿、麻は浴衣に多く使われている素材となり肌触り良く着心地よいのが利点ですが、シワになりやすく、家庭での洗濯の後は糊付けやアイロンが必要になるのでお手入れに少し手がかかります。

ポリエステルは発色が良く色落ちしにくく柄が豊富です。また、洗濯しても乾きやすくシワになりにくいのでお手入れが容易です。

浴衣で金沢散策

伝統的な街並みが数多く残る金沢はとても着物が似合う街!浴衣に着替えたら、ひがし茶屋街から夕暮れにめがけ心地よい風を感じ、せせらぎを聞きながら浅野川沿いをお散歩するのがオススメです


金澤着楽々では、この夏もワクワク楽しく過ごせるゆかたプランがスタートしました。古典柄からポップな色柄と数多く取り揃えております。お気に入りの1枚を見つけてひと夏のお手伝いをさせていただきます。スタッフ一同心より皆様のお越しをお待ちしております。

SNSInstagram、Facebook、Twitterにてお客様のお写真やご案内をご紹介中です。

旅色に紹介されました

お客様の声金澤着楽々に寄せられた、お客様からの嬉しいお言葉です。

思い出になりました!

とっても丁寧に対応していただき、ありがとうございました。 金沢のよい思い出になりました!

20代 女性

ありがとうございました。

素敵な浴衣を貸していただき、ありがとうございました。 沢山思い出に残る写真が撮れました! また機会がありましたら、よろしくお願いします。

20代 女性

とっても丁寧でした。

孫が着たのですが、ちゃんと補正からして頂いて、こんなに丁寧に着せて頂けるとは思っていませんでした。帯も可愛く結んで頂いて、とっても満足です。ありがとうございました。

60代 女性

もっとお客様の声をみる ▶▶

ご予約/お問い合わせ

ひがし茶屋街本店

076-252-4931

営業時間 9:00〜18:00
定休日 年末年始

金沢エムザ店

076-256-1388

営業時間 10:00〜18:30
定休日 不定休

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ

ご予約はこちら

ご予約フォーム