金沢で着物レンタルなら金澤着楽々

コラム

着物のQ&A 衣替えの季節 春~夏

着物には、衣替えの風習が時代が変化しつつも色濃く残っています。仕立てや生地を季節によって着分けるのが決まり事とされていて、四季を感じさせる装いを楽しみます。

基本は袷(あわせ)、単衣(ひとえ)、薄物(うすもの)を着分けます。これから迎える夏の暑さを、快適に過ごすための衣類を含めての暮らしの切り替えとも言えるでしょう。

季節別の着物

少しずつ季節が移り変わりはじめる6月、9月には透けない生地で裏地のつかない単衣仕立ての着物を着ます。季節を先取りが粋なので暑さを感じるようであれば、5月の終盤より着用しても良いでしょう。
7月、8月は透け感のある絽や紗などの薄物と呼ばれる着物を着ます。9月の中旬を過ぎると透けるような素材は適しません。

襦袢も、夏向きの絽素材のものに合わせます。帯は絽、紗、麻などシャリ感があり涼やかな帯が適します。

着物は、素材自体が薄手になるので、ブルー系やベージュ、白などのさわやかな色味を選んでみましょう!柄は、紫陽花、朝顔、撫子、桔梗といった花柄や海、波といった柄が夏らしいコーディネートになります!!

ひとえ

SNSInstagram、Facebook、Twitterにてお客様のお写真やご案内をご紹介中です。

旅色に紹介されました

お客様の声金澤着楽々に寄せられた、お客様からの嬉しいお言葉です。

思い出になりました!

とっても丁寧に対応していただき、ありがとうございました。 金沢のよい思い出になりました!

20代 女性

ありがとうございました。

素敵な浴衣を貸していただき、ありがとうございました。 沢山思い出に残る写真が撮れました! また機会がありましたら、よろしくお願いします。

20代 女性

とっても丁寧でした。

孫が着たのですが、ちゃんと補正からして頂いて、こんなに丁寧に着せて頂けるとは思っていませんでした。帯も可愛く結んで頂いて、とっても満足です。ありがとうございました。

60代 女性

もっとお客様の声をみる ▶▶

ご予約/お問い合わせ

ひがし茶屋街本店

076-252-4931

営業時間 9:00〜18:00
定休日 年末年始

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ

ご予約はこちら

ご予約フォーム